99オートアクセル

車の値引き相場をメインに新型車種のコラムを提供していきます!

AT車とMT車どちらがいい?ATだと眠くなる・MTはなくなる可能性

   

AT車とMT車どちらがいい

AT車とMT車どちらがいい?買うべきなのは?

筆者が若いころには、「男だったらMT免許!AT限定なんて女子のもの!」という風潮でしたが、最近ではAT車限定免許を取得する男子が増えていますね。

それでも、「車はMT車じゃなきゃいやだ!」という強いこだわりを持った人も筆者周囲には数人(だけ)います。

AT車、MT車、どちらがよいのでしょうか?

答えはあなた次第だと思いますが、ここでは私の考えるAT車、MT車それぞれのメリット、デメリットを記載します。

一緒に読まれてる関連記事車でモテる車種・色・曲はこれだ!?

AT車のメリット

→ なにより運転が楽

一番のメリットはこれですね!

ハンドルさばきや周囲の交通状況に集中することができるので、運転に自信の無い人はAT車がお勧めです。

坂道発進で気を使わなくても済みますし、スムーズな変速も自由自在です。
せっかくのデート、運転ばかりに気を取られていては台無しです。

→ 選択肢が多い

最近市販されている多くの車はAT車が圧倒的多数です。
MT車を探すほうが難しいかもしれません。

また、手放す時も下取り価格はAT車の方が高くなる傾向にあります(一部のスポーツカーはMT車の方が下取りが高い場合もありますがレアケースです)

参考動画:AT車とMT車どっちが高性能!?加速、最高速、燃費の違いが驚愕

AT車のデメリット

→ 燃費が悪くなる

AT車はその構造上MT車と比較して燃費が悪くなりがちです。
それでも最近は自動車メーカーの開発努力のおかげでほとんど差がないレベルまできています。

それから燃費が良くなる走り方もあります。

AT車はその構造上MT車と比較

MT車のメリット

→ 運転する楽しみがある

MT車の醍醐味はこれに尽きると思います。

自分の手足で1トンを超えるクルマを操っている実感。

変速操作がうまく決まり、思い通りに駆け抜けた時の爽快感はAT車では味わえない気持ちよさです。

→ 燃費がよい

こちらはAT車でも書きましたので割愛させていただきます。

→ トラックや軽トラが運転できる

最近はAT車のトラック、軽トラも増えてきましたが、ふとまれにMT車に当たることがあります。
そんな時ササっと運転出来たらかっこいいと思います。

参考動画:誰でもMT車の半クラッチを成功させる方法 【初めてのMT車の運転】 半クラ 詳細編 | マニュアル車

MT車のデメリット

→ 選択肢が少ない

現在MT車を選ぼうと思うと大変です。

初めからMT車を作っていない車種がほとんどですし、燃費の良いのハイブリットカーにMT車のラインナップはありません。

また中古車で気に入った車のMT車を探すと、車種によっては県外から取り寄せだったり、在庫がない場合もあります。

参考動画:マツコ徘徊 ~20数年ぶりにマニュアル車を運転!~

以上、筆者がパッと思いつくAT車、MT車のメリット、デメリットを記載しました。

ちなみに筆者はMT車が好きです。(現在は諸般の事情によりAT車に乗っていますが、もしセカンドカーがもてるのならMT車を考えると思います)

他にもたくさんあると思いますので、しっかり考えて後悔のない自動車ライフを楽しんでくださいね!

よく読まれてる関連記事車の維持費の内訳は?きついときはレンタカーやシェアリング

AT車は眠くなる件について

At車は運転操作が少ないこともあり、長時間の運転では眠くなってしまうことがあります。
眠い状態での車の運転は大変危険です。

そこで、眠くならない対策を行うようにしたいものです。

AT車で眠くならない対策1:一つはガムを噛むこと

顎を動かすことで、眠くなるのを防ぐ効果があります。
ミント系の刺激の強いガムならば、眠気をかなり解消してくれるでしょう。

AT車は眠くなるガム

それ以外では車内の温度を少し下げるのも効果があります。
車内の温度を快適な状態にしてしまうと、心地良い状態で単調な運転を続けることになります。

すると、それが眠りを誘いやすくなってしまいます。

少し温度を下げることで、体感温度も低くなり、頭が冴えてきます。
しかし、温度を下げすぎると、風邪を引いたり、体調を崩しやすくなるので注意が必要です。

AT車で眠くならない対策2:すぱっと仮眠する

運転しながらの眠気防止対策を行っても、効果があまりない時は・・・
思い切ってパーキングなどに駐車をして、しばらく仮眠を取るようにしましょう。

AT車で眠くならない対策 仮眠

特に睡眠不足や疲労が溜まっている時に、無理をして運転を行うのは危険です。

車の運転は2時間を目安に休息を入れるようにしましょう。
同じ姿勢の状態が続くと、眠気だけではなく、血流が悪くなったり、腰痛になりやすくなってしまいます。

2名以上で運転する場合は、2時間程度で運転を交代してもらうのも良い方法です。

適度に休憩を入れることで、眠気を防ぎ、疲労回復も早めてくれます。
長距離の運転の場合は、時間に十分に余裕を持って、運転するように心がけたいものです。

参考動画:眠いとき 起こしてくれる トラックが凄すぎる【驚きの機能】

MT車なくなる説について

最近では「AT限定免許」を取得する若者も増えています。

実際に流通している乗用車の殆どはAT(オートマチック)車が大半であり、いまどきMT(マニュアル)に乗っている人は、数少ないスポーツカーに乗っている人か、農作業で軽トラックを使う人、または仕事でトラックなどを運転している人たち位だと思います。

一昔前は街中に多くのスポーツカーが走っていました。
若者はこぞってシルビアやスカイラインなどのマニュアル車に乗り、社外マフラーのエキゾーストを響かせて走っている光景をよく目にしたものです。

シルビアやスカイラインなどのマニュアル車

夜になればコンビニ駐車場や24時間営業の店舗駐車場などに屯していた人たちはどこにいったのでしょうか。今ではそういう車はすっかり見かけなくなりました。

純粋なMT車はもう時代遅れか?

最近では乗用車を中心にマニュアルモード付きオートマチック車が増えています。

クラッチ不要でギア変速を自在にコントロール出来る構造ながら、AT限定免許でも運転することが可能なので人気が高まっています。

主にシフトレバーやパドルシフトで操作するのですが、クラッチが無いだけでマニュアルと殆ど変わらない感覚で乗れるのでスポーティな走行を楽しむことが出来ます。

クラッチが無いマニュアル車という感覚のAT車が強い

さらに自動車メーカーのスズキでは、AGS(オート・ギア・シフト)という先端技術を導入しており、これは従来のオートマチックトランスミッションとは構造が異なります。

クラッチが無いマニュアル車

「5速マニュアルトランスミッションをベースに、ギアとクラッチ操作を電動油圧式アクチュエータで自動的に行う」という新発想によるものです。もちろんAT限定免許でも乗れるのですが、運転する感覚としては「クラッチが無いマニュアル車」という感覚に近いもの。

このAGSは従来のオートマチックよりも構造が単純で、さらに軽量化にも寄与するという優れ物です。

近い将来ならMT車は生き残ってる、けど遠い将来は・・・

こうした技術革新により、完全にクラッチ操作が必要でなくなった時には将来的にはマニュアル車は必要なくなってしまうかもしれません。

MT車は生き残ってる、けど遠い将来

しかしながら、現状では仕事で車を使う人たちにとってMT車は今でも必須であり、現にトラックなどはマニュアル車が殆どで、しばらくはマニュアル車が無くなることはないでしょう。

”AT車とMT車どちらがいい?ATだと眠くなる・MTはなくなる可能性”についてでした!

 - AT車・MT車